GASを使ってLINEBOTを作ろう(2)

GASを使ってLINEBOTを作ろう(1)の続き.

 

今回はBOTに「@BOT(改行)出勤」と送信すると,

スプレッドシート に時間を記入する部分を作成する.

 

コードは下記の通り.

 

これで,出勤できるようになった.

これの応用で,退勤の時刻も記入できる!!

 

GASを使ってLINEBOTを作ろう(1).

会社でちょっとした用で,過去の勤務時間が必要になったので,

経理の人に過去3ヵ月分のタイムカードを掘り起こしてもらった.

 

すると,タイムカードの右隅にその月の合計勤務時間が手書きで書いてあって,

「これ毎回手計算してるんか?大変やなぁ(^_^;)」

と思ったので,これくらいは自動でしてあげたいと思い,

勤怠管理システムを作ろうと勉強をはじめました.

 

色々調べてみると,GoogleActionScript(GAS)とLINEを使って勤怠管理している方が多かったので,私もその方向でシステムを構築する.

 

やりたいことは

例えばLINEBOTを作成して,そのBOTに

「@kintai 出勤」

と打てば,GASを介して,googleスプレッドシートにその時の日時と出勤時間をスタンプする.

「@kintai 退勤」

と打てば,同様にスプレッドシートに退勤時間をスタンプして,その日の合計勤務時間を返信する.

といったものを作る予定.

 

 

ということで,まずはLINEBOTを作成します.

LINEBOTの作成は綺麗にまとめてはるサイトがあったので,これを参考に作りました.

簡単に手順を説明すると

1)LINE BUSINESS CENTRE でbusinessアカウントを作成

2)Message API Developper trialを選択

3)LINE developpersでAPIを色々設定

といった流れです.

 

30分ほどで,さらぁーっとできます.

 

まずはLINE BOTとやりとりできるかテストしましょう.

googleドライブ内に適当にスプレッドシートを作成してください.

 

スプレッドシートの「ツール」に「スクリプトエディタ」があるので,

クリックするとエディタが開きます.ここにGASを記入していきます.

 

まずは,BOTに送ったメッセージをスプレッドシートに記録してくGASです.

 

 

 

問題なければ,これで指定したシートのA1にBOTに送信したメッセージが記録されているはず!!

次回は,出勤と退勤の分類などをやる予定....