webbluetooth APIを使ってブラウザからm5stackを操作する

BLEを使って,PCからm5stackを操作したい時のお手軽な手段.

ブラウザでBLE通信を行う場合はweb bluetooth APIを使用.

ローカルかhttps://・・・でないと動かないので注意が必要.

今回はjavascriptで適当にブラウザ上にボタンを作って,
押したボタンに合わせて,m5stackのディスプレイの表示を変更するサンプルを作成しました.

ちゃんとサーバに上げて,https化すれば,スマホでm5stackを操作するってことができますね(^^)

では,まずm5stackのサンプルコードから.
main.inoに加えて,
BLE用にmy_ble.hとm_ble.cppをインクルードさせています.
mainのsetupでBLEの初期設定だけを書いてあげれば,ok.

続いて,BLE関連
my_ble.hは以下の感じで.

続いて,my_ble.cpp

これで,m5stack側は接続されたデバイスからテキストを受信して,
受信テキストがディスプレイに表示されるはず.
次はPC側を作っていきます(^^)